マルゲリータ砦 Fort Margherita 

旅行


主な特徴:
建設年: Fort Margheritaは、1879年から1880年にかけて、第2代サラワク王チャールズ・ブルックによって建設されました。砦は、サラワク王国の首都クチンを守るために建てられました。

名称の由来: 砦は、イギリス女王マーガレット(マルゲリータ)にちなんで名付けられました。

建築様式: Fort Margheritaは、19世紀のイギリス植民地時代の建築様式を反映しており、白亜の外観が特徴です。四角い形状と対称的なデザインが見られます。

用途: 砦はもともと軍事的な要塞として建設され、サラワク川を監視し、クチンを守る役割を果たしていました。後には刑務所としても使用されました。

歴史:
Fort Margheritaは、サラワク王国の第2代王であるチャールズ・ブルックによって建設されました。彼はイギリス人で、サラワクの発展と安定化に尽力しました。

砦は初期にはイギリス軍によって使用され、後には刑務所として機能しました。刑務所としての使用期間にはさまざまな歴史的な出来事がありました。

現在、Fort Margheritaは博物館として一般に開放されており、訪れる人々にサラワクの歴史と文化に関する展示を提供しています。

Follow me!

コメント

PAGE TOP Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました