追悼 八代亜紀 ー 晩年漏らしていた本音とは? 〝持病〟を抱えていたというが・・・

芸能

 2023年12月30日に急速進行性間質性肺炎のため死去していたことが1月9日に八代亜紀さんの公式サイトで発表されました。享年73歳でした。葬儀は関係者のみで行われたそうで、後日改めてお別れの会を開く予定とのことです。

 「舟歌」、「雨の慕情」などの大ヒット曲で知られ、艶っぽいハスキーな歌声で、「演歌の女王」と呼ばれた大スターです。演歌を歌っていたことから、テレビ番組で見る八代亜紀さんは、少し陰りのある雰囲気でした。普段の生活では非常に明るい、少しお茶目な性格の方だったようです。

 2023年9月12日に年内の活動休止を発表していました。その際には、「応援してくださっているファンの皆様、関係者の皆様、この度はご心配、ご迷惑をおかけして本当にごめんなさい。膠原病の治療に専念するため、2023年いっぱいはお仕事をお休みさせていただきます。」と報告したのです。「少しの間、大好きな歌と絵から離れなきゃいけないのは寂しいけれど、必ず元気になって戻ってきますので待っててね。また皆様とお会い出来る日を楽しみに頑張ります!」とつづっていました。願いはかなわなかったのですが、歌を愛し、人を愛し、常に感謝の思いを大切にしていた八代亜紀さんです。最後まで周りのスタッフ、病院の関係者すべての人に「ありがとう」と伝えていたといいます。ここまで、人を憎まず自身の好きなことを全うしたその人生に敬服いたします。所属事務所は、「これから先、いつまでも八代亜紀さんが命を吹き込んだ作品の数々がたくさんの人たちに愛され、皆様の心の中に生き続けることを八代自身も望んでいると思います」とメッセージを発表しました。以下事務所公式サイトの全文です。

「ファンの皆様ならびに関係者の皆様へ。

平素よりご厚情をいただき心より感謝申し上げます

2023年9月に膠原病の一種であり指定難病である抗 MDA5 抗体陽性皮膚筋炎と
急速進行性間質性肺炎を発症し療養を続けておりました弊社所属の八代亜紀が
12月30日に永眠いたしましたことを謹んでご報告申し上げます
葬儀は八代自身の強い遺志により弊社スタッフのみで2024年1月8日に執り行い
とても穏やかな顔で旅立ちました

一日も早い復帰を目指し治療とリハビリに励んでおりましたが
容態の急変により皆様へこのようなご報告をしなければならなくなりましたことは
無念でなりません

代弁者として歌を歌い 表現者として絵を描くことを愛し続けた人生の中で
常に大切にしていた言葉は「ありがとう」でした
「一人では何も出来ない、支えてくれる周りの皆様に感謝を」という
父と母からの教えを八代自身は体現し続けて参りました
療養期間中も傍で支えるスタッフや医療従事者の皆様に「みんなありがとう」と感謝を伝え
最期まで八代亜紀らしい人柄が滲み出ておりました

これから先いつまでも八代亜紀が命を吹き込んだ作品の数々が沢山の人達に愛され
皆様の心の中に生き続けることを八代自身も望んでいると思います

後日にお別れの会を執り行いたいと思っております
詳細については改めてご案内申し上げます

今まで応援してくださったファンの皆様 関係者の皆様に心より深く感謝 御礼申し上げます
本当にありがとうございました

2024年1月9日  
株式会社 ミリオン企画 」

 八代亜紀さんはいつも、優しいまなざしで取材に応じてくれたそうです。おっとりした口調がチャーミングだったといいます。5-6年前に初めて「あたしはねぇ、携帯電話を持ったことがないのよ」と教えてくれたとき、記者は驚いたそうです。「電話にしばられたくない」と固定電話のみ使用していたといいます。ガラケーもスマホも持たなかったそうです。記者が「スマホは便利ですよ」と勧めても「そのうちね」といったまま、ついに持つことはありませんでした。

 昭和の典型的な超アナログ人間で、パソコンも使えなかったそうです。その代わりに所属事務所の社長をはじめ機械に詳しいスタッフを全面的に信頼していたそうです。コロナ禍でTikTokライブも始めましたが「私はパソコンを見せてもらえればいいの」と呆気らかんだったと言います。

 料理は一切せず、掃除も洗濯を含め身の回りの世話はスタッフ任せでした。代表曲「舟歌」の歌い出しは「お酒はぬるめの 燗(かん)がいい・・」となっています。いかにもお酒好きに見えますが、亡き両親同様に下戸で、たばこも吸いませんでした。代表曲「雨の慕情」のイメージから雨女と見られることも多かったそうですが、周囲によれば「どちらかというと晴れ女でした」と語られています。

 趣味はテレビ通販だったそうです。気に入った料理や台所用品があると、いつも頑張ってくれるスタッフのために自ら固定電話で注文し取りよせていたそうです。「つい、たくさん買い過ぎちゃうの。でもこの前、早めにおせちを頼んだら、4万円が2万円。半額よ、半額!」とうれしそうにはしゃいでいたプチ自慢の笑顔が忘れられないとスタッフは言います。

 天然ボケに近いおおらかさ加えて、感謝の言葉を忘れない女性でもありました。歌謡番組など仕事を終えると、番組スタッフに「ありがとう。お疲れ様。」と明るく声をかける姿も印象的でした。多彩な歌や絵で世の中を楽しませ、周囲への感謝を貫いた八代亜紀さん。八代亜紀さんの訃報が伝えられた9日、演歌界の後輩たちが次々と悼む声を寄せていました。山本譲二さんは「『譲二君、ごめんね、ありがとう!』って元気に戻ってきてくれると信じていたのに・・・。もう会えないのはつらいです。八代亜紀さん、どうぞ安らかに」と談話を発表しました。また、川中美幸さんは「涙が止まりません。昨年も、何度かコンサートや番組でご一緒していただいて、あんなにお元気そうだったのに。楽屋にごあいさつに伺っても、『美幸ちゃんはいつもニコニコしていていいね』って、ご自身もニコニコしながらおっしゃっていました。」と振り返り、「今はただ、ご冥福をお祈りするばかりです。」と惜しんでいました。同じ熊本県出身の島津亜矢さんも「あたたかくて大好きな大好きな先輩でした。絶対絶対また元気なお姿で戻ってきてくださると信じていました。なんで、寂しい、悲しい、涙が止まりません。八代亜紀さん、たくさんたくさんあたたかく、優しくしてくださってありがとうございました。」などとコメントしていました。福岡県出身の北山たけしさんは「突然の知らせに、悲しくて言葉になりません。同じ九州の出身で、いつも優しく声をかけてくれる憧れの先輩でもありました。心よりご冥福をお祈りします。」と追悼しました。若手の青山新さんは、歌手を目指すきっかけが八代亜紀さんだったといいます。「デビューしてから、ありがたいことに幾度も共演の機会をいただき、いつも優しく、誰に対してもあたたかなお人柄に感激して、益々尊敬の念がつのり続けました。苦しい時、落ち込んだ時、いつも八代亜紀さんの歌に救われました。」とし、「いつか自分も、人の力になれる、元気を与えられる、そんな歌い手になりたいです。心よりご冥福をお祈りいたします。これからもずっと、八代亜紀さんは僕の目標です。」とコメントしています。

 八代亜紀さんが急速進行性間質性肺炎のために亡くなっていたことが公式サイトで報じられました。八代亜紀さんの死因は膠原病だったのか、脳梗塞の噂、持病について調べてみました。すでに報じられている通り、八代亜紀さんは、膠原病の一種で指定難病である「抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎」と「急速進行性間質性肺炎」を発症していたから、2023年8月に活動休止することを公式サイトで発表していました。八代亜紀さんは、2023年8月下旬に体調不良を訴え、複数の病院で検査したところ、「膠原病」と診断され、闘病を続けていました。今回の死因は、膠原病に加え、急速進行性間質性肺炎発症のため亡くなったようです。膠原病は、病原体から体を守る免疫の異常により、体を攻撃するという「自己免疫反応」で、関節リウマチをはじめ、100種類以上の疾患が該当するそうです。抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎は、膠原病の一種ということです。そして、特性として筋肉や皮膚に炎症を起こし、筋肉や皮膚に痛みを伴ったり、疲れやすくなったりする病気だそうです。肺に炎症を起こす「間質性肺炎」を高頻度で伴うとされています。また、「間質性肺炎」も併発すると死亡率が高くなると言われています。八代亜紀さんは、これに該当します。

 また、八代亜紀さんには、「脳梗塞」という検索ワードも出ているようです。調べてみると、以前、出演した八代亜紀さんの「話し方」に難があったことから、見ていた人が「脳梗塞ではないか」という疑問から検索した結果ではないかと思われます。実際には、八代亜紀さんは、脳梗塞の発表はしておりません。当時のSNSでは、「八代亜紀さんはろれつが回っていなくて、脳梗塞なのか?」、「口が全く回っていない。脳梗塞の人みたいだ!」などの投稿で、脳梗塞を心配する人が多く見られました。八代亜紀さんが「脳梗塞では?」と言われ始めたのは2012年頃ですが、その頃から体調に不安はあったようです。また、他にも持病として「メニエール病」を公表していました。メニエール病とは、内耳に何らかの異常が発生して、突然激しいめまいを起こし、めまいの発作を繰り返すたびに悪化する進行性の病気で、難聴や耳鳴り、耳の閉塞感や圧迫感を伴います。

 八代亜紀さんの死因は膠原病の一種の「抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎」と「急速進行性間質性肺炎」の併発でした。八代亜紀さんの人となりは、残された同僚や後輩からの追悼文から一目瞭然です。人柄をそのまま表すようなエピソードなど、ヒット曲が多い大歌手というだけでなく偉大な人であったと偲ばれます。

 心よりご冥福をお祈りします。

Follow me!

コメント

PAGE TOP Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました